早寝早起きは健康にとって大切?

昔から「早起きは三文の得」と言われていますが、実際のところ、早寝早起きは健康であることにとって、大切な要素なのでしょうか?
メラトニンという言葉を耳にしたことがあると思いますが、このメラトニンは分泌量が多くなればなるほど、精神が安定すると言われています。

 

そして、このメラトニンが一番多く分泌されるのが夜なのです。
ですので、夜早めに眠りにつき、精神を安定させることで、日中の生活もストレスフリーになる訳です。
早寝早起きは体が正常に働くために、古くから伝わる人間のリズムなのです。

 

やはり、早い時間から睡眠につくことで、質の高い睡眠を得ることが出来ますし、体を休めることで内臓も正常に働くようになります。

 

そして、免疫力も高まるので、健康的な体が作られますし、美容効果も高いと言われているのです。
今までの生活から一気に早寝早起き生活に転換するのは難しいと思うので、少しずつ体を慣れさせてあげましょう。

 

まずは、寝る前にお風呂に入ってみることをおすすめします。
その時のお湯の温度は、低すぎても高すぎても、逆に脳を刺激して興奮させてしまうことになるので、38〜40度のぬるま湯につかりましょう。

 

PCやテレビの光は刺激が強いので、寝る前はなるべく控え、飲酒喫煙も寝る2〜3時間前には終えましょう。このような感じで、少しずつ体と脳を早寝早起きに慣れさせてあげて下さい。

 

良い睡眠をとるための準備が出来たら、あとはもう寝るだけです。早寝早起きを習慣にすれば、今までとは違う心と体の元気さを感じることが出来るはずです。