適度なストレッチが健康にはいい?

ストレッチは無理なく健康を維持することが出来る運動だと言われています。
では、なぜストレッチで健康を維持することが出来るのでしょうか。
ストレッチとは元々、筋肉や筋を伸ばすことを意識しながら行う運動で、代謝をアップさせる効果があります。

 

体内の代謝がアップするということは、まず、体内の血液循環が良くなり、リンパの循環もスムーズに行われます。体内循環が良くなると、体内にある余分な水分や毒素などの老廃物が、常に体外に排出されやすい状態であるということになるのです。

 

体内に余分な物をためず排出することで、健康維持に繋がるのではないでしょうか。
一見、ストレッチは簡単なように見えますが、正しい状態で行わないと、十分な効果を得ることが出来ません。

 

ストレッチを行う際に注意したいのが、呼吸です。息を止めずにゆっくりと呼吸しながらストレッチを行うことが重要で、息を吐くと同時に筋肉を伸ばすようにすると、より気持ち良く筋肉を伸ばすことが出来ます。

 

決して痛みを感じるまで筋肉を伸ばす必要はありません。痛みを感じるようであれば、その手前の気持ちいいと思える所まで伸ばしましょう。
あと、ストレッチを行う時はお風呂から出た後など、適度に体が温まっている状態で行うことをおすすめします。

 

やはり、年齢を重ねるにつれて、筋肉も硬くなっていくものです。体が温まっていない状態で無理に筋肉を伸ばしたりすると、怪我の原因にも成りかねないので、注意しなくてはなりません。

 

テレビを見ながら行ってもいいですから、自分の日常生活の中に取り入れ、継続させることが大切です。