活性酸素って何?

最近、よく耳にする「活性酸素」。酸素って言うぐらいだから、身体にいいものだと誤解されている方も多いのでは?
実は、私達の身体にとって、とても有害な物質なのです。
それでは、活性酸素とは、一体どういったものなのでしょうか。
まず、私達の体内では、食べ物から摂取した栄養素を熱エネルギーに変換する為の化学反応が絶え間なく行われていますが、その過程を効率良くしてくれているのが「酸素」です。

 

酸素は酸化と言って、他の分子と結び付いたり、分子から電子を奪ったりする性質があるのですが、その酸化の過程で余ってしまった分子と電子の化合物が活性酸素となります。

 

活性酸素には、実は以下の四種類があり、これらを総合して「活性酸素」と呼んでいます。

 

・スーパーオキシドアニオン・・・体内で最も大量に発生する一番ポピュラーなもので、酸化力は小さい。
・過酸化水素・・・酸化力は小さい。
・ヒドロキシラジカル・・・活性酸素の中では最も反応性が強く、酸化力も大きい。
・一重項酸素・・・紫外線によって皮下組織で発生し、酸化力も大きい。

 

この活性酸素は不安定で、強引な性質を持つ為に、体内の各器官を構成している糖質や脂質、アミノ酸などの分子を酸化させて、悪影響を与えています。

 

例えば、動脈硬化や糖尿病と言った生活習慣病や、がんの原因、最近では、シワやシミ、痴呆症などの老化現象までもが、活性酸素と何らかの関係があると言われているのです。

 

酸素は酸素でも、活性酸素は、健康を維持する上で有害な物質。上手に体内から排出するように心掛けましょう。